WRC Rallye Monte-Carlo 2020 – Shakedown & Highlights – Action & Pure Sound!


Finally, the WRC 2020 started with the Montecarlo Rallye, we are close to Gap, in the French Alps and this is the video concerning the Shakedown with the highlights of the best passages, only Action & Pure Sound! Ott Tänak’s debut on the official Hyundai i20 WRC is highly anticipated after winning the 2019 world title aboard the Official Yaris WRC Gazoo Racing. Another illustrious champion, Ogier, after Citroen’s abandonment in the world of rallies, for this season will be behind the wheel of the Toyota Yaris WRC. In his team also the young and very strong Kalle Rovampera Elfyn Evans (who leaves Ford and Team M- Sport) and the Japanese Katamoto Katsuta. Hyundai, in addition to Tanak, will have top drivers such as Thierry Neuville and Sébastien Loeb. Teemu Suninen, Esapekka Lappi and Gus Greensmith will sit on the Ford Fiesta WRC Plus. Enjoy, the shakedown Video!

13 thoughts on “WRC Rallye Monte-Carlo 2020 – Shakedown & Highlights – Action & Pure Sound!

  1. ➪⚠️➪⚠️➪ Check out these playlists, you might be interested:
    ➪ WRC Rally Monte-Carlo 2018-2020: http://bit.ly/WRCMonteCarlo
    ➪ WRC Rally Monte-Carlo 2020: http://bit.ly/WRCMonteCarlo2020

    Follow me, subscribe and don't forget to click the Bell 🔔 to get notifications of all my latest updates.
    Thank you! 😉👍

  2. Che andare ragazzi😍..top assoluto.Gran belle riprese..complimenti!!!! Complimenti anche al tipo in cima alla pianta😂😂🤦🏻‍♂️

  3. Perfect timing with the captions! Not too fast so I can't enjoy the video and not too slow to be frustrating. It's a hidden art!

  4. E' dai tempi di Mcrae in Subaru che non seguo piu' i rally,e a vedere le macchine
    che vi partecipano oggi credo di non essermi perso niente.
    A questo punto se il gruppo fca volesse potrebbe partecipare con la 500 o no?

  5. 新型のフォードの車両でのリアスポイラーの形状が車体の形状変化に合わせて変化して居る〜!!
    先ず最初に気付く形状は水平では無く歪曲に変わったしリアスポイラーとフィンの間が狭く成りフィン自体の幅も狭く成りリアスポイラー自体の外周に角度を付けたフィン自体に〜上向きにセッティング。
    其れと車体のリアスポイラーのセティング場所がリアの上部に変更して居る感じに見える〜横から見るとよく見える。
    去年はリアスポイラーの効きが悪かった様でリヤが凹凸を越える際にリアタイヤのバウンドでタイヤが浮き上がる事が多かった〜救いは其のバウンドでは浮き上がる高さが余り高く無いと言う事〜其れもセッティングされて居るショックアブソーバーのお陰で抑え込んでダンパーが吸収して居るお陰。でも今季車両自体の形状も変わり重量バランスもリアスポイラーの重量を加算した上での重量バランスを取って居るお陰でコーナーでの左右に移動する際の後輪タイヤのバウンドでの浮き上がりが確りと抑えられて後輪タイヤが路面に密着してパワーロスを防いで居るしリアスポイラーとフィンの風力のパワーが巧く効いて居て効果が出て居る。後ろからのアングルから良く見える焦点距離です自体カメラの焦点を何処に合わせて居るかも良く分かる。
    今季のフォードのスニネンを活かす鍵は同じ同乗者のコドライヴァーの腕次第で決まるだろう〜スニネンに人格に関係無しにどの様に操るか次第!!
    其れはガズーのロバンペラにも当て嵌まる〜ロバンペラは若いと言う事実が有るし此の最高峰での経験ゼロと言うハンディキャップも有る〜!!
    又ロバンペラ自身の口でも語って居るラリーカーの違い当然現実の体感と経験を元に語る以前在籍し主戦場として優勝経験物有るロバンペラは(R5のラリーカーと最高峰のラリーカーの違いと運動性能やパワーユニットから生み出されるモンスターパワーの凄さに)驚愕した当然〜付け加えてR5の世界の中のどの車物及ばない此の格差は凄いと。そして同じステージでもアール5では難なく通過して気にも止め無いステージでもこのは世界では同じ感覚では操作出来無いー全てが異次元の領域!!
    アクセルワークやハンドリングそしてギアチェンジのタイミングやブレーキ操作。
    R5での技術では対応が遅れハンドリングが間に合わ無い〜アクセルもブレーキも〜そしてシフトチェンジでのタイムラグと言う一瞬の余裕すら作れ無い程の連動性に戸惑う当然〜R5では無い現象〜シフトチェンジし次の動作に移るまでのタイムラグが当たり前だった故に慣れてしまって居た部分が自分に有ったと〜!!
    此のロバンペラヲ操るのが年上で経験の有るコドライヴァーの腕次第だね〜今後は如何にヒューマンエラーを抑えられるかにかかる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *